Help
Help

ぬりかべ

防御面
弱点 耐性 免疫
なし 土 毒 --

ぬりかべ は仁王の 妖怪 です

 

 ぬりかべは、巨大な壁の姿をした妖怪である。本来、何もない所に壁に擬態して立ちはだかり、戸惑う人間を見て楽しんでいるという。危害を加えない限り動くことはないが、怒らせると長い両腕を伸ばして反撃してくる。動きは緩慢だが、力が強く耐久力も大きい強敵である。

当人が知ってか知らずか、ぬりかべが阻む場所の奥には、良き品や新たな道が隠されていることが多い。怒らせてしまったぬりかべは打倒する他ないが、身振りによってぬりかべの心を掴めば、戦わずに済むこともあるという。

出現場所

 

ドロップ

  • 取得アムリタ: ??
  • その他: 金, 武器, 他

 

戦闘情報

  • ステータス: ??
  • 気力: ??
  • 気力0時の致命攻撃:◯

 

称号

この妖怪を一定数倒した時に得ることのできる阿/吽形称号

称号 取得条件 難易度 名声点
ぬりかべを斬る者 ぬりかべを1体倒した ★★ 10
ぬりかべを狩る者 ぬりかべを5体倒した ★★★ 20

 

戦略

攻略動画(動画は準備中)

攻撃パターン

第一段階
身振り(ジェスチャー)を見せる 装備中の身振りからぬりかべの興味を引きそうなモーションをすると退散する
興味の無い身振りをすると怒るが、もう一回だけチャンスがある。
攻撃を当てる 一度では敵対しないが、再び攻撃を当てると敵対
殴る プレイヤーの位置に近い方の腕で攻撃してくる
動きは遅いが大ダメージなのでガードもしくは回避が優先
岩投げ 距離を離すと岩を投げてくる
ガードで簡単に防ぐことができるが、ダメージも大きく他の妖怪に狙われている最中だとかなりやっかい。

 

うんちく

  • 塗壁(ぬりかべ)は、日本の福岡県遠賀郡(旧・筑前国遠賀郡)の海岸地方に伝えられる妖怪の一種。夜道で人間の歩行を阻む、姿の見えない壁のような妖怪といわれる。
  • 夜道を歩いていると、目の前が突如として目に見えない壁となり、前へ進めなくなってしまうというもの。壁の横をすり抜けようとしても、左右にどこまでも壁が続いており、よけて進むこともできない。蹴飛ばしたり、上の方を払ったりしてもどうにもならないが、棒で下の方を払えば壁は消えるという。
  • TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」に登場し、主人公である鬼太郎の代表的な仲間であるため、灰色の壁に手足の生えたようなデザインが最も馴染み深い。仁王に登場する「ぬりかべ」もまさに水木しげるの描いたぬりかべに近いものとなっている。
  • 現代の日本でも目撃談が散見されている。
    代表的なものだと「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるは、ラバウルに居た頃の体験で実際に「ぬりかべ」現象に遭遇したことがあるらしい。
    また、郷土史家・山口麻太郎の著書では夜の山道で山側から突き出してくる「ぬりぼう」に出会った。と言い。
    霊能者・宗優子によると、テレビ番組の撮影で富士「青木ヶ原樹海」に入った際、制作スタッフたちの前に壁のようなものが立ちはだかったという。また、食パンマンの先祖だとする説もあり、今なお世を騒がせている。

 

妖怪図鑑
|  なまはげ  | |  ろくろ首  | |  アムリタ妖鬼  | |  ムジナ  | |  一つ目小僧  | |  一つ目鬼  | |  一反木綿  | |  唐傘お化け  | |  大入道  | |  妖鬼  | |  小海坊主  | |  敷次郎  | |  河童  | |  泥田坊  | |  烏天狗  | |  琵琶牧々  | |  蜘蛛  | |  赤河童  | |  輪入道  | |  防人  | |  骸武者  | |  鬼火  |



Load more