Help
Help


直江
なおえ

家紋名 三つ盛り亀甲に花菱

直江 は仁王に登場する 勢力 の一つ

 

情報


"Description."

 

家紋の加護

  • 近接攻撃力 (残心成功時): +12%
  • ダメージ減少 (敵を倒した時): D-

 

備考

  • ??
  • ??

 

うんちく

  • 直江兼続(なおえかねつぐ)が使用した家紋。
  • 色々なゲームでSR(スーパーレア)扱いされるほどの非常に力を持った大名の一人ではあったが、関ヶ原の戦い本戦は一日で決着がついてしまったために力を存分に振るうことなく西軍と共に敗北した。その後上洛し徳川家康に謝罪を入れ、財産の一部を支払い許されたとされる。
  • 江戸時代。兼続(=重光)は新たな土地の開墾を進めるために治水事業に力を入れた。米沢城下(今の山形県)を流れる最上川上流には3キロメートルにわたって巨石が積まれ、川の氾濫を治めるために設けられたこの谷地川原堤防は「直江石堤(なおえせきてい)」と呼ばれている。
  • 兼続が用いた家紋には諸説あり。「亀甲に花菱」、「三つ盛り亀甲に花菱」あるいは「三つ盛り亀甲に三つ葉」などが見られる。また旗印も「三つ山」や「雁金」など混乱が見られる。ちなみに、「三つ盛り亀甲に三つ葉」は、歴史研究家でグラフィクデザイナーの大野信長が名付けて発表したものであるため一部の研究家には否定されているとも言われる。

 




Load more