Help
Help

佐和山城
さわやまじょう

全国地図 近江篇

 

佐和山城 は仁王の エリア です。

 

説明文

近江国、琵琶湖のほとりに建つ佐和山城。石田三成が荒れた城を改修し、自身の居城とした。「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と評されたほどの名城であったが、今やその美しき天守も主を失い、落日を迎えようとしている。

 

 

 

 

ミッション

 




実際の地形・うんちく

以下の項目はゲーム内容とは関係無く、仁王に登場する地域を実際にある日本の文献や資料から参考に記載したものです。
個人で調べた内容のため誤りがある可能性がありますが、趣味の項目としてお楽しみください。

 

佐和山城

うんちく

  • 左は現存する「佐和山城」。ただし、仁王でウィリアムが侵入した佐和山城は、石田三成が整備した城で、左図の写真は、石田三成が死去した後、井伊直政が建築を着手したとされる彦根城(ひこねじょう)である。
  • 徳川軍が占領した時、金銀石などの財産は既に無かったとされ、石田三成の切迫ぶりが伝わる記録が残っている。石田三成は大変民衆から慕われている将軍であり、井伊直政が後に居城することになったが、城に将軍がいると民衆があまりにも石田三成の遺影を追うので、困った井伊直政は付近の別の場所に彦根城を築城しなおしたという。
  • 築城を開始したものの、井伊直政は完成に至る前に関ヶ原で受けた傷により死去、嫡男である井伊直継が受け継ぎ完成した。

 




Load more

Chat