Help
Help

海賊の軽鎧

かいぞくのけいよろい

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値
?? 武 必要値
??

 

海賊の軽鎧シリーズ は です。

 

胴体を守る防具。厚手の麻布で作られ、革で補強してある。船上での戦いを考慮し、軽い素材で作られている。

 

入手方法

  • 売:
  • 落:

 




備考

  • ??
  • ??
  • 品質: 色無しは通常黄:名物青:大名物紫:最上大名物

 

 

パーツ性能

海賊の軽鎧 面具

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値 ?? 武 必要値 ??

海賊の軽鎧 胴

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値 ?? 武 必要値 ??

海賊の軽鎧 籠手

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値 ?? 武 必要値 ??

 

海賊の軽鎧 膝甲

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値 ?? 武 必要値 ??

海賊の軽鎧 脛当

対崩し ?? 対土 ??
対火 ?? 対毒 ??
対水 ?? 対麻痺 ??
対風 ?? 対常世 ??
対雷 ?? 重さ ??
体 必要値 ?? 武 必要値 ??

おまけ画像

海賊の軽鎧正面

海賊の軽鎧右後

海賊の軽鎧左後

うんちく

この項目はゲームとは関係無く、仁王の鎧を日本の歴史上から参考にしたと思われる文献を記載したものです。個人的に調べた内容のため事実とは異なる可能性があります。

  • 仁王の歴史に近い戦国時代には海賊は水軍の一種として扱われ「海賊衆」と呼ばれていたそう
  • 当時最強と言われていた海賊は西九州に出没した「倭冠」で、これは中国の水軍と言われている。
    日本国内に鉄砲が普及する前から鉄砲を持ち、海上での進行方向をとらえる「羅針盤」も所持していたという。
  • 日本国内では瀬戸内海を中心に「村上水軍」と呼ばれる海賊衆が名高く、毛利家の水軍の一部として「厳島の戦い」など戦争にも参加している。
  • 当時の水軍の使用していた船は「安宅船(あたけぶね)」と言い、全長 50m、全幅 12m、高さ 10mと巨大な動く城であった。巨大で多くの甲冑を身につけた兵士を載せて移動したため浮力に重点を置かれており外洋には不向き。
    それでも当時からこれだけの戦力を戦国大名(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など)は保持していたというから脅威である。



Load more

Chat