Help
Help

蜘蛛
くも

防御面
弱点 耐性 免疫
なし なし --

蜘蛛 は仁王の 妖怪 です

 

 蜘蛛(くも)は、肉食の節足動物。アムリタの影響で巨大化・妖怪化しており、人間をも得物とするという。粘性の糸を得物に吹きかけて動きを鈍らせ、捕食する。天井や壁を自在に移動できるため、思わぬところから襲われることがあり、注意が必要である。

一般的な蜘蛛は単体で棲息し、音を出さずにひっそりと行動するが、妖怪化した蜘蛛は群れをなずことがある。単体ではさほどの脅威ではないが、集団で襲いかかられると全てを払いのけるのは難しく、囲まれれば命取りになりかねない。

出現場所

 

ドロップ

  • 取得アムリタ: ??
  • その他: 金, 武器, 他

 

戦闘情報

  • ステータス: ??
  • 気力: ??
  • 気力0時の致命攻撃:◯

 

称号

この妖怪を一定数倒した時に得ることのできる阿/吽形称号

称号 取得条件 難易度 名声点
蜘蛛を斬る者 蜘蛛を30体倒した
蜘蛛を狩る者 蜘蛛を70体倒した ★★ 10

 

戦略

攻略動画(動画は準備中)

攻撃パターン

第一段階
粘液 正面に立つと、粘液を飛ばす
当たると鈍足効果があるので、次の攻撃に当たりやすくなる
左右に回避すれば問題ないが、数に囲まれると危険
前脚で攻撃 前脚による飛びかかり攻撃
非常にダメージが高く、攻撃範囲も広い。数に囲まれる前に回り込み腹(黄色いふくらみ)部分を攻撃しよう。
蜘蛛の気力を0にすると、その場にへたり込むので追い討ち攻撃で一撃で倒すことが可能。
落下攻撃 天井に潜み落下攻撃をしてくる
死角からの攻撃で、ダッシュしていると避けられることが多い。
攻撃を受けた場合は急いで逃げ、回復を優先しよう。
卵を割る 同じ子蜘蛛の卵を脚で割る
付近にはだいたい卵があり、戦っていると足元の卵が割れ次々に数が増える。
刀スキルの武技「剣気」があると数が居ても一斉に撃破できるが、無い場合は下段攻撃が有効。

 

 

うんちく

  • 黄色と黒のまだら模様の脚を持つ蜘蛛は、蜘蛛科の中でも「ジョロウグモ」と言い、ジョロウグモ(女郎蜘蛛、上臈蜘蛛、学名: Nephila clavata)は、クモ目ジョロウグモ科ジョロウグモ属に属するクモである。

    夏から秋にかけて、大きな網を張るもっとも目立つクモである。大型の造網性のクモで、コガネグモと共に非常によく知られたクモである。コガネグモと混同されることが多いが、系統的にはやや遠いとされる。コガネグモよりはるかに大きくて複雑な網を張り、網の糸は黄色を帯びてよく目立つ。
  • 和名は女郎に由来すると一般的には考えられているが、一方で上臈(じょうろう)から来ているとも言われている。
    上臈とは、江戸時代の大奥の女中の役職名のひとつ。年功を積んだ、官位の高い人・高僧のこと。ジョロウグモは大きな網を貼り、色も姿も目立つことから古く日本人の間で気高いクモとされたようだ。

 


-Wikipedia- より

 

妖怪図鑑
|  なまはげ  | |  ぬりかべ  | |  ろくろ首  | |  アムリタ妖鬼  | |  ムジナ  | |  一つ目小僧  | |  一つ目鬼  | |  一反木綿  | |  唐傘お化け  | |  大入道  | |  妖鬼  | |  小海坊主  | |  敷次郎  | |  河童  | |  泥田坊  | |  烏天狗  | |  琵琶牧々  | |  赤河童  | |  輪入道  | |  防人  | |  骸武者  | |  鬼火  |



Load more

Chat