Help
Help

大谷吉継
おおたによしつぐ

大谷吉継
精霊 ??
?? ??

大谷吉継 は仁王に登場する NPC です

 

キャラクター情報

石田三成の家臣。豊臣秀吉の家臣であった、越前敦賀城主。
関ヶ原の戦いののち、患っていた目の病が悪化し失明したとされており、仁王のゲーム中に登場する時点で既に目の周りに病の気が出ているために顔を隠す頭巾をしていたという。
石田三成の側近として最期まで残っていた西軍の将の一人。

CV: 堀内 賢雄

 

出現場所

  • ??

 

おまけ画像


大谷吉継


content image goes here


content image goes here

 

姿うつし

姿うつし

姿うつし

姿うつし

姿うつし

 

うんちく

  • 晩年は輿の上に乗って指揮していたとされ、理由は立ち上がれないほどの足にも重症惜しくは病のために弱っており、足が弱かったとも言われている。
  • ゲームのイメージ画像では二刀使いのような出で立ちだが、史実上二刀を使っていたという記録は無く、ゲームによる脚色ではないかと思われる。
  • 目の病や足の悪い印象でも力強く戦っていたことから、ゲームの脚色で全身包帯ぐるぐる巻き、ミイラ男のような出で立ちで悪役として登場することもあった。
  • 歴史上残っている絵巻の図ではゴリゴリのおっさんなので、仁王に登場するほどスマートでイケメンぽい雰囲気は無かったと思う。
  • 徳川家康に決戦を挑もうとする石田三成に、三成の戦力では東軍の総大将である家康に到底敵うまいとし、西軍の総大将に毛利輝元を据えることを提唱した人物。毛利輝元は家康と同じ豊臣家の五大老の一人であり、規模で言えば家康に次ぐ大名であった。吉継の提案は当時の戦争において兵士の数がものを言うことを知っていた適切な意見であった。
    これにより徳川家康は、西軍には簡単に勝てなくなり決定打となる西軍の裏切り工作に帆走することとなる。



Load more